2009年12月13日

熟成された味わい

檀特山 小松寺@千葉県南房総市
LOMO LC-A / CENTURIA SUPER 200

前回は正統派熟成@樽についての話題でしたが、今回はありゃりゃ熟成@防湿庫のお話。

以前、ガンガン買ったり頂いたりしていたフィルムたち、最近出番がなく防湿庫の中でお休みになっている間に、ことごとく使用期限が切れてます。
今回持ち出したこのフィルムは期限が過ぎて1年半以上。

しかし、ゆるーく撮れるトイカメラと組み合わせればまだまだいけるのでは、ということで永い眠りから目覚めさせ連れ出してみました。
うん、まだイケる。

« 写真日和スケッチ日和 | メイン | 高家神社(たかべじんじゃ) »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://papicon.com/mt/mt-tb.cgi/1080

コメント

うん、まだイケる。

僕の方は、カメラが40年の眠りから覚めたので、期限もなにもあったもんじゃない状態です。
まあ、カメラは「動けば良し!」、フィルムは「写れば良し!」、肴は「焙ったったイカで良し!」って感じかな?

★陶芸師さん
うまい!そんな感じです(^^)

昔のカメラは40年ぶりに出てきても現役で使えるのがいいですね。
デジカメは40年後に発見してもそうは行かないだろうし…
これからもフィルムの生産は続けていって欲しいですねー

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

スペーサー