2008年03月09日

二月堂にて

二月堂
LUMIX FX33

友人に会いに奈良に行ってきました。

二月堂から奈良の町を望む。(おじさんじゃなくて、お姉さんかカップルが絵的に欲しかった…)

お水取り

そんでもって、東大寺お水取りのクライマックス、二月堂でのお松明を見る。
いくら手ブレ防止が付いていても、この暗さではなかなかうまく撮れなくて、この写真が限界でした。

松明作成中

昼間は松明の作成現場を見ることもできました。

松明作成中

こんなに大きな松明に火を入れて走るなんて、まさに修行。

一度は見たいと思っていたお松明。
ちょっと想像と違ったけど(ポスターなどの長時間露出した写真にだまされた)、この目で見れて大満足。
友人曰く、ちょっと前までは全然見に行く人がいなくてガラガラだったという会場も、近年の奈良PR効果により大盛況でかなりの人ごみでした。
火の粉を浴びれる場所では見れなかったけど、どっちみち火の粉で穴が開いてもOKな服は持っていなかったので、まいっか。

« 兜家旅館にて | メイン | 路地にて »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://papicon.com/mt/mt-tb.cgi/1026

コメント

奈良までクルマで1時間。
近いんです。
用事で時々行くんです。
がしかし、また見た事ありません。
くやしい。

最初の写真、パッと見たときに『あっ、おじさんが危ない!エイリアンが上からねらっている!』と思ってしまいました。

最後にひとこと『おじさんでどこが悪いんだ!』(ホワイト家族父風)。

★陶芸師さん
いやいや、悪いとは言ってないですけどね。
ただ、私が欲しかった絵とは違うなってだけで。

車で1時間なら、すぐですね。
うらやましいー
あんまり近所だとありがたみが薄れるものですよね。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

スペーサー