2007年05月01日

原ではるばる

二日市
Zero2000 / ACROS

九州って「原」と書いて「はる」とか「ばる」って読む地名が多い。
ということを、「原田」と書いて「はるた」(追記:「はるだ」が正しい読みでした。訂正します。)と読む駅に止まったときに思い出しました。
って、この写真はお題と全然関係ない二日市に止まったときに撮ったものですが。

« 羽田にて | メイン | 吉野ヶ里 #1 »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://papicon.com/mt/mt-tb.cgi/938

コメント

確かに、僕の故郷近くに『原島』と書いて「はるじま」と呼び、『上の原』は「うえんはる」と呼ぶところがあります。
その記憶、正しい。

それにしても、二日市とは全く関係無いと思います。

ご無沙汰しております。原田は、福岡の原田でしたら、「はるだ」のようですよ。ひばる、かすがばる、はるよし、たしかにそうですね。地元に住んでいる人間はあまり意識しないのですが、九州にいらっしゃっていたのですか?

★陶芸師さん
だからお題とは全然関係ないって断ったぢゃーん(笑)
『上の原』で「うえんはる」は「の」と「原」の二文字も意外な読み方をするんですねー。
ネットをふらふらしてたら、九州に「丸」が付く地名が多いのも、原をバルと読むのと同じ理由じゃないかって説が載ってました。
韓国語のマウル(村とか里の意)→~丸→~原
へぇー、って感じです。

★JUNさん
お久しぶりです~
「だ」でしたかっ。ご指摘ありがとうございます。
さっそく訂正しておきました。
2年ほど佐賀に住んでたことがあって、その時の友人の結婚式に出席のため帰ってました。といっても3月の話ですけど(^^ゞ
桜とか賞味期限が短いのからアップしてたら遅くなっちゃいました。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

スペーサー