2006年09月15日

変形バスの作り方

変形バス
Rolleiflex MiniDigi

レシピシリーズ第2弾。

(1)ローライミニデジを用意します
(2)バスが来るのを待ちます
(3)狙った場所をバスが通ったらぽちっとシャッターを押します
(4)変形バスのできあがり

電車などにも応用可能な便利なレシピです。
注意点は、(2)。
電源入れて60秒以上経つと、自動的に電源オフになってしまうので、いざって時に慌てないようにご注意くださいませ。

« 初。自力自家プリント | メイン | 秋晴れの日 »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://papicon.com/mt/mt-tb.cgi/802

コメント

はいはーい!
見事2番にひっかかりました。
最近のデジカメみたいに起動がはやいとなんとかなりますが、これは致命的ですよね。

★noceさん
60秒って結構あっという間っすよねー
このカメラはゆっくりのんびり撮るのが得意分野で、そこがいいところなんだけど、もっと起動時間が早いといいなぁとか、もっと最短撮影距離が短いといいなぁとか、いろいろ要望は出したくなります。

電源にも気を配ってばっちりのタイミングだったのに、シャッターチャージ忘れてた、ってのも悲しいです。
ヨクヤリマス。

シャッターは下から上に動くんですね。
上下逆に写せば、違った写真が撮れますね。

バスが漫画みたいに急停車してるように見えます(爆)
キキキーって音が聞こえそうだ!

勘違い・・・
上から下にでした。。。ペコリ

この画像を見ていたら、自然と頭を斜めにしていたのがくやしいです。

凄いレシピ!まずは第一段階の突破が難所そう。
バス自体もかわいいデザインのバスに見えるのですが。。
しかもベストタイミングなのがお見事!

★ききさん
ぬぉ!そうか、逆さにしたら違う図になりますね。
考え付かなかったー。
じゃぁ、横にしても面白いかなv

★Fakeさん
ほんと、漫画チックですよね~
でも、これだと急発進かな?
ききさんのアイデアで急停車バージョンも撮れるかも♪

★陶芸師さん
うぷぷ。
それそれ、その反応を待ってましたv

★kanekuroさん
あ、気付いちゃいましたね。
できるだけ、さらりと流したのですが(笑)
このバス、かわいいですよね。
横浜の市営バスで「あかいくつ」っていうのだそうです。
これ書くために今調べたらボランティアが観光ガイドもしてくれるそうな。
写真撮るだけじゃなくて、乗ったらもっと楽しかったかも。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

スペーサー