2006年07月12日

梔子

くちなし
OLYMPUS PEN-F+H.Zuiko Auto-S 42mm F1.2+CENTURIA SUPER100(ナニワカラーキットN)

我が家のマンションの周りにはグルリとくちなしが植えられています。
梅雨に入ると、とたんに甘い香りがマンションの周りや家の中に充満。
鬱陶しい梅雨の中、唯一のちょっとした楽しみでもあるのです。

ただ、くちなしの花は痛みやすく、咲いたと思ったらすぐに茶色く変色してしまうのが残念。
写真に興味を持ち始めてから2年ちょっとの間、ずっと撮る機会を逃していて、今年初めてくちなしの花の写真を撮りました。
そして意外と蕾もイケていることを発見。
緑の縁取りのグルグルがなかなか可愛かったりしたのでした。

« カラーかセピアかモノクロか | メイン | すくえあ »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://papicon.com/mt/mt-tb.cgi/737

コメント

くちなしですか、、、、懐かしいです。
田舎のおふくろが、昔、くちなしの実を使って黄色いごはんを炊いてくれました。
お祭りの時にでも炊いたのかなあ?
はっきりと覚えていませんが、おいしかったです。
田舎の記憶のひとつです。
でも、花は知りませんでした。
きれいな花だったんですね。

★陶芸師さん
へぇー!そんな素敵なご飯があるんですね♪
ターメリックライスみたいな感じでしょうか。
お赤飯ならぬ、お黄飯。
一度食べてみたいな~

へええ!くちなしって食べられるんですね!初耳でした。

PEN-Fってハーフなのにきれいに撮れるんですね。レンズがいいのかな。
カメラバトンに出た、僕のPENはいつ帰ってくるのかなあ。。。
http://club-amigo.blog.ocn.ne.jp/blog/2006/01/post_ef8b.html

今日はお疲れ様でした。
お約束の僕の写真ですが、
自己紹介的に先ず選択したカラー写真はこちら
http://www.kewai.jp/temp/best/best.html
最近撮り始めたモノクロ(恥ずかしながら現像・プリントはやった事が無いので、フィルム・スキャンでスキャンしてパソコンに取り込んでます)。
写真は6×6判は1000ピクセル×1000ピクセル、35mmは長手方向1000ピクセルです。一般のパソコンだと画面からはみ出しますが、描写をきちんと見せようと思うとこの位の大きさが必要と考えて、この寸法でUPしてます。
江ノ島・鎌倉
http://www.kewai.jp/temp/060617/060617.html
原宿
http://www.kewai.jp/temp/060624/060624.html
横浜
http://www.kewai.jp/temp/060702/060702.html
です。
自分ではharajuku14とYokohama05が気に入ってます。
今後とも宜しくお願い致します。

★masaruさん
ねー!染料としては聞いたことありますが、食用というのは私も初めて聞いて興味津々。
でも、どこに行ったら食べられるんだろう(自分でやる気はさらさらない、料理嫌いの私;)。

ハーフでも、そんなに大きく引き伸ばさなければ、画質は結構維持できると思いますよー。
masaruさんのPEN、随分一人旅を満喫しているようですね(^^)

★la_quさん
お疲れ様でした!
さっそく来て下さってありがとうございます♪
アルバム拝見しました。どれもこれも素敵な写真ばかりで、ため息が出ちゃいました。
全部素敵なので、絞るのが難しかったですが、私も原宿では14、横浜では05が好きでした。
鎌倉では03、カラーでは17銀座と18山手。

私は、現像やってると言っても「手順としては出来るようになった」というぐらいですし、ピントの甘さをサイズを小さくして誤魔化してしまっているような写真が多くてお恥ずかしいのです^_^;
こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願いします!

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

スペーサー