2006年05月09日

伏見稲荷大社

伏見稲荷・千本鳥居
CONTAX T3+ELITE CHROME

この伏見稲荷大社の千本鳥居、一度は行って写真撮りたいと思っていたところです。

伏見稲荷・千本鳥居

字が書いてない側から見たのと、書いてある側から見たのとでは、雰囲気がちょっと違いますね。
やっぱり、書いてないほうから見たほうが好き。

伏見稲荷

鳥居の朱と、その間からこぼれる陽がとても綺麗で、その綺麗だと感じた瞬間を結構な枚数撮ったのですが、自分が感じたように撮れたものはありませんでした。
まぶたがシャッターになって、見たままを撮れるカメラがあればいいのになぁ。

« 銀座の夕空と大阪の朝空 | メイン | 鳥居以外の伏見稲荷大社写真 »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://papicon.com/mt/mt-tb.cgi/678

コメント

持つカメラによって、こんなに雰囲気が変わるもんなのですね。
まるで、それまでひらひらのついたかわいいワンピースばかり着ていた女の子が、突然ヘアスタイルをショートにして、シャキっとしたスーツを着たような雰囲気です。

いつの日かひとつ奉納したいものです。

こういう風景は、自分が試されて居るようで、腕が鳴りますね(笑)
肉眼では綺麗な風景も
切り取り方で、全然印象の違ったものになりますから…
3枚目の写真の構図が、とっても良いですね

これぜんぶ鳥居なんですか~ @o@
こういうところは撮りたくなりますよねー
朱色、とてもきれいですよ。私は1枚目がいいなあ…
光りと影ってむずかしいですね。
私も先日旅行でいろいろ撮りましたが、快晴だったため明暗がきつくなりすぎて、あまりうまく写っていなかったです;;
目シャッターもほしいけど、今は露出の勘がとってもほしいです ^^;

伏見の千本鳥居は、どのあたりまで歩かれましたですか?
ワタシはいつも「その辺り」で止めて帰ってきてしまいます
結構「奥が深い」場所ですよね~
前回の記事のコメントに乗り遅れて
とても悔しい大阪人がここにおります(ちっ)
ちなみに、ワタシもGWにこの観覧車を撮りましたです
今までよく見てましたが、思えば撮ったのは初めてでした

★陶芸師さん
フリルもスーツもどっちも似合うオンナを目指し中。
どっちも似合うにはどっちも持ってないとダメって事で、箪笥(防湿庫)が肥えてしょうがないです(^^ゞ

★karipeeさん
個人での奉納は羨望の眼差しを受けること間違いなし。
ぜひ、どどーんと大きいのをお一つv

★SE3Pさん
そうなんですよね~
切り取り方、難しかったです。でもって、やっぱりボツ写真量産だったし;
フェアの情報ありがとうございました♪

★もかさん
そうそう!快晴の時って、コントラスト高くなるし案外難しいですよね。
露出の勘は私もぜひ欲しいところ。
今回も、ポジなんだからちゃんと補正しようね、っていう写真が多かったし…

★Fakeさん
「その辺り」の引き際が分からなくて、なんと山頂まで行ってしまいましたですよ。
全部で2時間ぐらい歩いたかも。結構ハードでした。
梅田の観覧車、ビルの上っていうのがまたおもしろいですよね~
Fakeさんも撮ったのですねvアップが楽しみであります♪

撮りたくなる構図ですね。
ちぇるさん、フィルムの現像ってマメにやってるんですね!自家現像ですか?僕は先日、ローソンにモノクロフィルム出したら2週間かかるって言われて、・・・って感じです(笑)。出来上がった頃、内容忘れちゃってますよね。
あ、機材ビジバシ増えましたよ!新ブログでお見せしますね。今、仕事が忙しくて、なかなかブログカスタマイズの時間が取れないんです。しゃしんを撮る時間もあんまりなーい。。。

★masaruさん
ビシバシ増えてますか♪それは楽しみです!

現像は、通勤途中にあるビックカメラに出しています。
以前はローソンでしたがフィルムスキャナを買って以来プリントなしで現像のみにしているため乗り換えました。
ハーフカメラで同時プリントまでしていたときには、ローソンはとってもありがたい存在でした。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

スペーサー