2005年02月27日

京都 其の拾:清水寺周辺

清水寺・三重塔
LOMO LC-A+AGFA vista 400

最後に清水寺のあたりを歩いてみました。
五条坂・清水坂を上って清水寺へ。
時間がなかったので本堂には寄れませんでしたが、その手前まで行ってみました。
三重塔が立派でした。

三年坂

三年坂って、産寧坂とも書くのでしょうか。
↑では三年坂となってますが、↓同じ場所にあった別の標識には産寧坂となってました。

産寧坂

二寧坂

二年坂も二寧坂と書かれてます。
昔の表記の仕方なのかな?
でも、参寧坂ならそれでもわかるけど、「参」ではなくて「産」だもんなー
なぞです。

竹久夢二・寓居跡地

朝早い時間なのでお店も開いておらず、ひたすら坂を歩く…

高台寺

別名「ねねの寺」高台寺。
ここも時間の関係で中には入れませんでしたが、今度ゆっくり訪れてみたいお寺です。

石塀小路

高台寺の前の「ねねの道」から石塀小路に入ってみました。
この小路はかなり旅人の心をくすぐります。
思いっきりくすぐられてきました。

ものすごく駆け足で見て回ったので、観光というよりも単なるウォーキングになってしまいましたが、京都の街は道一本、家々のたたずまいのすべてが素敵で十分楽しめました。

長々続いた京都シリーズは一応これで一区切り。
今回行けなかったところに行ってみたいのはもちろん、行ったところでも桜の季節や紅葉の季節はもっときれいなんだろうなぁ
京都って時間を変え、季節を変えて、何度でも訪れてみたくなる街ですね。

« 京都 其の九:朝の四条界隈 | メイン | 初めての悲しい体験 »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://papicon.com/mt/mt-tb.cgi/244

コメント

京都は絵になる所ばかりですね。
写真を撮りに行ってみたいです。(ダイエット ウォーキングも兼ねて・笑

八坂神社~清水寺のあたりは私も行った時徒歩でめぐったので、見覚えがあります。
でも京都って一週間くらいかけないと行きたい所をじっくり見て回る事って
なかなか難しそうですよねw (どこもかしこもみどころいっぱいで)
しかしこれだけくまなく回るには下調べも結構なさったのでは?

駆け足でもこうして写真に撮っておけば、目に映った景色を思い出しながら
後で楽しむ事もできますからね~。 いやー、私もいいもの見させてもらいました(^^)

★酎犬八号さん
京都って写真好きにはたまらない魅力が満載の街ですね~v
でも、おいしいものの魅力もたくさんなので、カロリー消費より摂取のほうが多くなるかも(笑)

★みけさん
ほんと、一週間ぐらい滞在できれば最高ですね!
下調べはざっくりはしましたが、ほとんど道なりに次々寺社があったので、それほど計画しなくてもよかったです。
あ、でも巡るポイントを東山に絞るまではかなり悩みました(笑)

黄金週間、どこにも行けないので、「旅シリーズ」を見せてもらっています。
ちぇるさんの『旅』もの、いいですねえ。
自分も一緒に優しい旅をしている気分になれます。
ありがたいです。

ところで、僕の場合はカメラが決まっているので、どのレンズにするかを悩むのですが、ちぇるさんはいっぱいカメラがあるので、旅に出る前はかなり悩むんじゃないですか?

★陶芸師さん
窯焚きの合間にありがとうございます♪
旅カメラをどれにするか、それはヒジョーに迷います。
しかし、旅に出る時は出来るだけ身軽にしたいので、小さいカメラがいいですね。
でも、コンパクトだとちょっと物足りない時もあるので、その点一眼レフであの小ささのPENはやっぱりありがたい存在。
いずれにしても、旅はフィルムで撮りたくなります。
(って、最近は旅じゃなくてもフィルムばっかりですけど。笑)

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

スペーサー