2004年11月28日

リバーサルフィルム...モモルル編

初めてリバーサルフィルムなるもので撮ってみました。

ポジルル
LOMO LC-A / FUJICHROME PROVIA 100F

現像を依頼する時に「マウントにしますか。それともスリーブですか」と聞かれ「???」な状態だった私。
お兄さんに説明を受け「スリーブで」と汗をかきながら依頼。

ポジモモルル

で、恐る恐る受け取ってみたら。
なんか楽しい♪
フィルムを光にかざして直接見た写真はなんだかとってもステキ☆
自分の腕が上がったような錯覚(あくまでも錯覚)に陥ります。
スキャナにかけると、錯覚から目覚めてしまったためちょっと感動が薄れてしまいましたが…

ポジモモルル

リバーサル、安上がりだし楽しいかも。
でも、なんだかフィルムスキャナが欲しくなってしまいそうな予感と悪寒。

ポジモモ

« 日向ぼっこ | メイン | リバーサルフィルム...Nature編 »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://papicon.com/mt/mt-tb.cgi/100

コメント

えっ! リバーサル、安上がりなんですか?
フィルム代と現像代合わせるとネガより高いと思ってたんですが…。
ちゅーかそもそもリバーサルってお店の人は何も補正をかけないんでしょうか?

あとLOMOで撮ったネガ写真はどうやってブログに掲載してるんでしょう?
フィルム1本撮ったら、現像出してお店でネガスキャンでしょうか?
すいません聞いてばっかりで(^_^; フィルムカメラのネット利用は全然なものでw

色がすごく鮮やかに…見えます。
リバーサルって露出が難しいそうですが、どの写真もピッタリ合ってますね。
撮る時に段階補正とかもかけていたんでしょうか?

あぁ!そうか、、、
私、一番最後に払ったお金が現像代だけで、いつものプリント代がなかったから安いと思ったけど、確かにフィルム代も考えたらそんなに変わんないのかなぁ…

この写真を撮る時には特に露出補正はしてません。
というよりLOMOで撮る時はほんと、カメラ任せでしか撮ったことないのです。
ISO感度設定をいじると露出補正が出来たりするらしいのですが、あまり難しいことが出来ないので(笑)そのまんまカメラを信じて撮ってます。

ちなみに、ネガで撮った時はプリントされたものをスキャナで読み込み、リバーサルはフィルムをスキャナで1コマ1コマ読み込んでます。
とってもスローライフなやり方でやってますw

長くなっちゃうので、リバーサル関係で私なりに思ったことは、別の記事にして書きますね~

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

スペーサー